幻冬舎ゴールドライフオンライン 「市井の人々」が主役のWEBメディア

松下 正樹

花と散りにし

ISBN 9784779009549 判型 A5 144ページ
花と散りにし

平安末期、国を二分する戦いが起こった。それは保元の乱と呼ばれる戦乱であり、古代から中世へと、貴族政治から武家政治へと時代を切り拓いていく端緒となった。ここでは、この乱の原因である天皇家と藤原摂関家の内紛から崇徳院の配流という結末までの経緯を、雅やかに詠まれた創作短歌で克明に描く。

価格:1400円 +税

掲載記事