忠通は父の勧めに頼長を養子とするを誓ひたり

*天治二(一一二五)年、頼長は忠通の養子となる。この時、忠通は二十九歳。頼長六歳。養子とするとは、ゆくゆくは頼長に氏の長者を譲ること。

【藤原摂関家の内紛】

 

年長けておもひがけなく忠通は嫡男基実をさづかりし

*康治二(一一四三)年、基実生まれる。忠通四十七歳。

 

血を分けしわが子のあれば頼長と結びし誓ひは首枷となる

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。