鳥羽院に好かれてありしがなかなかに男子皇子さづかるはかなはず

 

悔しさは待賢女院にむけられて嫉妬の炎さかんなり

 

白河院と密ごとありし証ありと噂を流し貶めたり

*密事 秘め事。ないしょごと。

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。