にこやかな笑顔をつくりてありけるに心に般若の面を被りし

*般若 鬼女。

 

崇徳院にまつはる噂ひろがりて都中の人の口さわがし

 

ぬかづきて皇子さづかるを祈りたり得子のねがひ神にとどけり

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。