地下ふかく黄泉の国あり亡き人の
 往かねばならぬ掟ありけり

*黄泉の国 死者の魂が行く所。

 

帰れない掟にしたがひ伊耶那美は
 黄泉の国へと旅立ちゆけり

 

伊耶那岐はありし日の妻の面影を
 どうしても忘れられなかった

※本記事は、2015年3月刊行の書籍『歌集 古事記物語・異聞』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。