大仲 良一

ひたすら病める人びとのために 下巻

ISBN 9784344927834 判型 4-6 232ページ
 ひたすら病める人びとのために 下巻

幼少期の思い出、家族のルーツ、終戦後のアメリカ統治の沖縄での生活、獣医学を志すも、医師に転身し、沖縄県医療の発展に尽くした著者の半生を、前著『ひたすら病める人びとのために 上巻』の内容にも触れながら詳しく掘り下げた下巻。

価格:1500円 +税

目次

  • 第一章 大仲家のルーツ
  • 第二章 終戦
  • 第三章 沖縄での生活
  • 第四章 東京から久留米へ
  • 第五章 医師への道、そして結婚
  • 第六章 沖縄、そして国際医療の発展に尽力
  • 終章  ひたすら病める人びとのために

掲載記事

著者紹介

 大仲 良一

医療法人寿仁会沖縄セントラル病院 理事長 医学博士

大仲 良一

沖縄県立糸満高校卒。1935(昭和10)年沖縄県糸満市生まれ。1955(昭和30)年日本大学教養学部修了。1963(昭和38)年久留米大学医学部卒業。1968(昭和43)年久留米大学医学部大学院卒業。宮崎県立日南病院脳神経外科医長。1973(昭和48)年沖縄中央脳神経外科院長。1978(昭和53)年沖縄キリスト教短期大学理事。沖縄セントラル病院病院長。1994(平成6)年医療法人寿仁会理事長