春浅く鳴門の泡だつ渦潮に 船かたむけて釣る桜鯛

 

これやこの鳴門の潮のはぐくみし 若布かぐはしき一椀の汁

 

山の上の段々畑たがやして 老いづく人ら慎ましく生く

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。