月桃の葉末をゆすり吹く風の 実はあかあかと冬の陽に照る

*月桃 ショウガ科の南方の多年草。

 

たちあがり岩礁(いくり)を越ゆる白波の わが雄ごころを奮ひたたせよ

 

水底に束ねし柴をとどめ置き 一夜を籠りし鰻ひきあぐ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。