刺ありて手には取らえぬ花薊 むらさきにほふ君をいかにせむ

 

にぎやかな関西訛つれだちて 媼ら金刀比羅宮の参道のぼる

 

金刀比羅宮の石段かぞへ登りゆく 竹杖をつく音のさやけさ

*さやけさ 清らかな響き。

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。