さくさくと砂のふれあふ音はして 砂丘歩めど踏みごたへなし

 

絶え間なく吹く海風に砂うごき まろき砂丘はうねり涯(はて)なし

 

蟻たちの連なるやうな人の列 海を見おろす砂丘を歩む

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。