あらぼりの観音像とも見ゆる岩 満ち潮よせて裾洗はする

 

航く船はほのかに見えて海境(うなさか)に つるべ落しの夕日が沈む

 

小春日の紀州田辺の蜜柑山 海のひかりを浴びてかがやく

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。