息あへぐ険しき坂のいくところ やぶの笹鳴きわれをはげます

*笹鳴き うぐいすの冬籠りの鳴き方。

 

媼らが干し柿などを吊るしゐる 十戸あまりの集落(むら)を過ぎゆく

*媼(おうな) 老女。

 

はるばると峠のほそ道敷石を 踏みて歩めり足裏いたいたし

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。