いくたびも熊野にあそびし後鳥羽院 白足袋の汚れ気にもとめじや

 

雨あがり山襞ふかきみ熊野の 連なる嶺に雲立ちわたる

 

道にそふ杉生の下の冬いちご 木漏日さして紅く熟れゐる

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。