ひたすらに杉生(すぎふ)にそふ道歩みゆく 心なぐさむりんどうの花

 

分れ路に三軒の茶屋ありし跡 高野山への路はるかなり

 

海ぎしに湧き出づる湯をあびてをり あを澄む空にオリオンは冴ゆ

*オリオン座が明け方の星空に浮かぶ。

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。