大臣の魂眠りゐし石舞台 世にあばかれていたましきかな

 

亡き骸は玄室になし明日香野の いづくに魂はやすらふらむか

 

明日香野の芒の葉末そよぎたち 滅びし者らひくく声あぐ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。