おん顔のふくよかな飛鳥美人たち にほふ姿に裳裾ひきゆく

 

御陵へ続く野の道はるかなり 棚田の畦に彼岸花炎ゆ

*御陵 ここでは天武・持統天皇陵のこと。

 

巨石を幾重に組みし石舞台 あすか代の謎いまに伝へて

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。