青海に砂州ひとすぢに横たはる 松も代を経る天橋立

 

松ケ枝に風の鳴る音ききながら 歩いてわたる天橋立

 

まむかひてほほゑみかはすみ仏の さしのべし手に明日をたのまむ

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。