外堀に沿ひてさくらの並木道
 歩み疲れて息あへぎをり

 

大洋をめぐりて鰹緊りたり
 あかき切り身のならぶはつ夏

 

草原にほのかに紅き灯をともす
 みな陽を仰ぐひるがほの花

※本記事は、2014年2月刊行の書籍『歌集 忘らえなくに』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。