太股にどしんどしんと四股を踏む
家内をあばれわれに迫り来

 

なまはげの荒ぶる所作に泣きやまぬ
児を抱きながら親は耐えをり

 

なまはげの蓑より抜け落つ藁くずも
ありがたかりき掃かず留め置く

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。