岩棚の巣に海猫は春潮の
 とどろき聞きてたまご孵せり

 

六月の三陸海岸うみ霧を
 白くまとひて出づる日輪

 

湧水の激ち流るる水の音
 龍泉洞のおくにとよもす

*とよもす 鳴り響かせる。

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。