やうやくに生まれ給ひし男子皇子得子のよろこびひとしほならず

*保延五(一一三九)年、体仁(なりひと)親王生まれる。得子二十三歳。

 

ほどなくも皇子は崇徳天皇の皇太子に立たせ給へり

*保延五年八月十七日、立太子。誕生は五月十八日でわずか三カ月の赤児であった。

 

皇太子にありしが行く末のさだまらず得子の心おもひ乱るる

※本記事は、2013年2月刊行の書籍『花と散りにし』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。