よく見れば片眼失くせし大鳥の
 雛を育む力をおそる

 

ひたすらに待つを耐えをり池の面に
 あぎとふ山女にねらひをさだむ

*あぎとふ 魚が水面に浮きあがり、口(くち)を開けるさま。

 

一瞬に獲れし山女の跳ねしまま
 足爪につかみ闇に消えゆく

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。