豌豆のさかりを過ぎし白花の
 みどりの豆の莢が成りゆく

 

蟹星雲 亡びし後をあをあをと
 光る姿をハイビジョンは映す

*春の星座 蟹星雲。1054年の超新星爆発。いまもその残骸は宇宙に残されている。

 

冬眠よりさめし蛙がのそのそと
 土より出でて池に入りゆく

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。