蝶が舞う蜂がぶんぶんすれ違う
 春らんまんの菜の花の庭

 

日もすがら春の嵐に湧きたちて
 揉みあふ若葉 里山ゆする

 

吹きとほす一日無頼の春嵐
 マンション・ベランダに干し物見えず

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。