浅みどり柳の芽ぶく池の辺に
男ら並んで無心に竿振る

 
 

裸木の山の芽ぶきの彩ならん
淡きみどりに染まる裏山

 

縄文の代より咲きつぐ藪椿
風化せぬかたち 花の品よき

*藪椿 日本固有種と云われる。

※本記事は、2018年11月刊行の書籍『歌集 風音』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。