喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王

ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母

ポローニアス …… 内大臣

ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子

女官長

執事

肉屋

肉屋の女房

パン屋

酒屋

酒屋の女房

大工

鍛冶屋

伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

場 エルシノア城下の空き地

つむじ風が吹き荒れ、木の葉やゴミが舞い踊っている。

素っ頓狂な声やざわめきとともに、平舞台に光が入る。

ある日。

肉屋、肉屋の女房、パン屋、酒屋、酒屋の女房、大工、鍛冶屋が、噂話にうつつを抜かしている。

離れた所で、伝令が竪笛を吹いている。

肉屋の女房: な、なんだって~!王妃様と王様の弟が?

酒屋: (伝令を気にして)こ、声がでかいよ!

パン屋: (声を潜めて)ホ、ホントか?

酒屋の女房: くっ、へっへっへ……。驚いたかい?

肉屋: ……まさかぁ。

大工: いや、火のない所に煙は立たぬ。王族貴族でも人は人、高貴な方でも男と女、あってもおかしくない話。

肉屋の女房: 王妃様と王様の弟が……ふ~ん。

鍛冶屋: 王様は長くお城を空けている、国境警備の巡回視察とやらだ。弟君クローディアス様が内大臣ポローニアス閣下とのんびりお留守番。王妃様は―

酒屋の女房: 王妃様は王様がお戻りにならないお部屋に一人。独り寂しく残されたまま……くっ、へっへっへ……。

大工: 火のない所に煙は立たぬ、女盛りと身軽な男、くっついても不思議はない。

鍛冶屋: ……鬼の居ぬ間に洗濯、か……。

酒屋の女房: きゃっ、いい、いい、たまんない、もう!肉屋 聞いてないなぁ、俺たちは。なぁ、かかあ。

肉屋の女房: ああ、聞いてない。あたしの耳には入ってないね。

酒屋: まあ、何しろ、昨日の今日だからな、この話は。

酒屋の女房: うちの人が仕入れた熱々のニュース、あたしの耳に入ったのも昨夜のこと。もうこっちの体も熱くなっちまって……。

パン屋: 久しぶりにお二人で燃えたのかい、その話を胸に振りかけて……?

皆の眼が、パン屋夫婦の様子に注がれる。

大工: (周りに向かって)図星だ!

一同が大笑いする。伝令が笛を吹き終わる。

鍛冶屋: (振り向いて)おい、ハンス、戻らなくていいんか、王様の陣地へ?

伝令: いいんよ。お役目はおしまい。王様からのご伝言、内大臣ポローニアス閣下に報告完了、オッホン! それにな、ハンスさまは生まれつき足が速い。走り出せば、先ゆく馬を追い越し追い越し、あっという間に目指す陣地は目と鼻の先だぁ!

肉屋の女房: (拍手して)まあ、すてき!(甘ったるい声で)ねえ伝令様、王様のご伝言とやらだけど、ちょこっと教えてくださいな。

伝令: 気安いぞ!ハンス様は代々伝令のお役目を仰せつかり、王様のお言葉を一言一句違たがわずお伝えする。しかし他言は無用、一言でも漏らせば舌を噛み切らなければならないのだ!

肉屋の女房: おお、こわ…。

鍛冶屋: おい、ハンス、戦争はおっぱじまらないんだろ? 俺は鍛冶屋だ。槍や剣のご注文がさっぱりなんで分かるわな。王様の伝言とやらもそんなところだろ、え?

パン屋: え?……じゃあ、王様は陣地をたたんで、まっすぐご帰還ってことか?

伝令: いや、まっすぐではない。寄り道をされる。

肉屋の女房: 寄り道って?

酒屋の女房: はは~ん、分かった! 別のお城! お楽しみのひと時、ちがう?

鍛冶屋: (皆を見回し)英雄、色を好む、か。

一同は顔を見合わせ、どっと笑う。