喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

第七場 クローディアスの部屋​

音楽(「中庭で過ごすひと時」)。

ガートルードが下手前に進み、物思いに浸る。クローディアスが上手前に現れる。

クローディアスはガートルードを見つめながら囁くように歌う。

ガートルードは(思い出の中で)応えるように歌う。

クローディアス: おお デンマーク国に咲く 一輪の薔薇
華やかな美しさ 香しさ 
ガートルード: 時の針は 動きを速め
薔薇の美しさ 消え去って
花弁しおれ 香りも失せて
クローディアス: 時の針の 動きは止まり
薔薇の美しさ 鮮やかに
時間を超えて 今この胸に
クローディアス/ガートルード: ああ この中庭で過ごすひと時は
何よりの歓び 歓び

ガートルードが人の気配を感じて振り向くと、クローディアスと目が合う。

音楽(「夜の帳が降りる」)。

クローディアス: ……義姉上、お別れです。兄上は一等星シリウスのもとに生まれ、この身は名もなき星のもとに生まれた。王冠は兄上から王子へ受け渡され、この身は辺境の地に果てる。クローディアスにお似合いの運命。
ガートルード: ……クローディアス殿、なぜそのようにご自分を貶(おとし)めるのでしょう。西に沈みゆく夕陽は、夜が明ければ東から昇る朝陽となり、山に隠れる落日の夕映えは、海から昇る太陽の輝きとなるでしょう。
クローディアス: ……夜が明ければ国王のご帰還となり、クローディアスに、出陣のお触れが出ます。山に隠れる落日は、海から昇ることはない。私の前には、寒々とした日々が待ち受けているだけ。
ガートルード: (つぶやくように)……寒々とした日々が待ち受けているだけ。夫の心は離れ、息子は大人になった。あの穏やかな日々は戻らない。寒々とした日々が待ち受けているだけ。それは同じ……。

クローディアスはガートルードに身を寄せ、手を握りしめる。

クローディアス: ……寒々とした日々の先には死が待つのみです。クローディアスにとって義姉(あね)上はお慕いしてはいけない方。あなただけを見つめる幸せは苦しいものでした。最後のお願いです。激しく突き上げる感情を抑えられません。この胸に沸騰する熱い溶岩の流れを堰き止められません。

ガートルードはクローディアスの手を振り払い、身を固くする。

ガートルード: ……いけません! いけないのです。許されないことなのです。私は貞淑な王妃、あなたは実直な国王の弟!
クローディアス: ……「王妃」も「国王の弟」も捨てましょう! あなたはガートルード、私はクローディアス。(ガートルードを抱き寄せる)夜の帳が降り、月の光も届かない。この闇が、貞淑さと実直さを消し去り、この口は、貝のように固く閉じられ、秘め事を漏らさない。さあ、ガートルード、心の頸木(くびき) を解き放ち、クローディアスの腕に!
ガートルード: ……ああ!(ガートルードはクローディアスの腕に抱きすくめられ気を失う)
クローディアス: (ガートルードを抱き上げ)……クローディアスよ、王妃の次は王冠だ! 兄を亡き者にするのだ、けっして怯(ひる)むな!

音楽(「夜の帳が降りる」)を消し去るように、軍楽隊の響きが近づいてくる。

舞台暗転。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。