喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

場 エルシノア城下の空き地

伝令:  そ、そこをどけ! ハンス様のお通りだ~! (脱兎のごとく走り去る)
肉屋の女房:  ふん、なにがハンス様だ、ただの走り使いじゃないか。
パン屋:  ……「鬼の居ぬ間」が長引くってことか。
酒屋:  けど、いつかは帰ってくる。「鬼の居ぬ間に洗濯」が「鬼が帰ってきちまって、大慌て」になるさ。
肉屋: ……「洗濯が」「大慌て」……、え?
肉屋の女房: (肉屋を押しのけ、酒屋に向かって)ちょっと、あんた。口から出まかせじゃないだろうね、さっきの話。商売物の酒をなめてありもしないことをぺらぺらと……。
酒屋: なに! おれを嘘つき呼ばわりするのか!
肉屋の女房: いや、あたしは、ただ……
酒屋の女房: あんた、うちの亭主をバカにしたらあたいが承知しないよ!
鍛冶屋: おいおい、怒るな、怒るな。あんまりおもしろい話だから、みんなだって、おいそれとは信じられないんだ。
大工: おれは、信じる。「弟君が兄貴のいない間に王妃様を口説いた」か、
パン屋: (大工を制して)はたまた、「王妃様が旦那の留守に弟君によろめいた」か。
酒屋の女房: どっちだっていいのよ、話が面白けりゃ。
鍛冶屋: 諸君、吟遊詩人の一節を聴き給え。噂話は事実とは限らない。その事実への想像力の花束だ!
肉屋の女房: また、受け売りかい。あんた仕事がヒマになるとその癖が出るんだから。
肉屋: (酒屋に近寄って)お前、最近商売が上がったりだっていうじゃねえか。酒飲みの王様がお城を留守にしていたからか?
酒屋: う、うん。……そうそう、それなんだ!昨日ワインの在庫を伺いにお城に上がった帰りにな、廊下で女官長が執事と話しているのを陰で聞いちまったのよ。
肉屋の女房: (酒屋にさっと近寄って)王妃様と王様の弟君が懇(ねんご)ろになってるって話なんだね?
酒屋: ああ。
肉屋: 「ねんごろごろ」って、なんだっけ?
肉屋の女房: いいんだよ、お前さんは。へ~、それで? それで、どんな話をしてたんだい?

酒屋は辺りを伺い、舞台奥へ後ずさりしならが手招きする。
皆、酒屋の周りに集まる。舞台溶暗。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。