頂上を目指す車輪や冬の月 火の番小屋のおしどり夫婦

 

堅物の絶縁体を手なずけよ ドープだめなら押し競饅頭

 

家々の流儀の宴や花の下 都踊ぞ一妓の点前

※本記事は、2016年4月刊行の書籍『ひとり歌仙』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。