わが身丈越ゆる竹の子皮を脱ぐ
 いとまもあらず空へ伸びゆく

 

みづみづと伸びゆく竹の子 青膚を
 見せて幾重の皮を脱ぎ棄つ

*幹の下部の方から皮を脱ぎ棄(す)てる。

 

親竹に丈を並べて節ぶしに
 枝葉を伸ばし若竹となる

※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。