若竹の葉末をゆすり吹く風の
涼しき夏のまためぐりくる

 

立ちまじる竹の林に若竹の
青くつやめく幹まぎれなし

若竹の節ぶしの間の内側は
筒のやうにてきよらかなり

※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。