土を割りさく福寿草 黄金の
花をかかげて春をつげをり

 
 

土ひくく 緑ひろがる仏の座
ちひさき花に人目とどかず

 

庭の木は 赤き角芽をよそひたり
雨の日ごとにほぐれてゆかん

 
※本記事は、2016年7月刊行の書籍『歌集 旅のしらべ 四季を詠う』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。