はじめに

大人の発達障害について知られるようになりましたが、私にはどうも納得いかないことがふたつほどあります。

大人の発達障害は、大人になってから発達障害であることがわかったということで、そのほとんどが、就職後明らかになります。大人の発達障害と言われ理解が進んでくると、30代、40代、あるいはそれ以上の年代の人も、ひょっとしたら自分は発達障害なのではないかと思うこともあるでしょうし、また診断のつく人も多くいると思います。

しかし、これほど注目されるようになったのは、アルバイトでも新卒採用でも働き始めた時、仕事自体や人間関係でどうもうまくいかないと感じ、そのうまくいかなさが発達障害の特徴として認識されるようになったので、一層目立つようになったのだと思います。

メルマガ登録はコチラ!【幻冬舎ゴールドライフオンライン】

そのため大人の発達障害が問題となるのは、職場です。どうも納得のいかないことのひとつは、職場においては発達障害の人だけではなく、周りの人も悩み苦しんでいますが、そのことはあまり知られていないということです。

そしてもうひとつは、最近は発達障害者への対応の仕方についてたくさん言われていますが、職場で問題となるまさにその時には役に立たないのではないかということです。

私は30年余り精神科を含めいくつかの病院の相談員をしてきました。その後3年ほど障害者の就労支援の仕事をし、現在はメンタルクリニックに勤めています。

メンタルクリニックには、仕事上のことで精神的不調をきたし、受診する人が多くいます。発達障害の人もいますし、抑うつ障害の人もいます。

職場の人間関係で不調をきたす人もいますし、上司の圧迫やハラスメントもありますが、その中には発達障害と思われる人との関係で、うつ症状になり職場に行きたくない、行けない、頭痛や吐き気、不眠などさまざまな症状を呈し、休職やついに退職に至る人もいます。

配偶者など親しい関係において精神的身体的症状に至る、カサンドラ症候群(※)が知られるようになりましたが、職場においてもつらい思いをしている人がいます。仕事がうまくできない、周りの人とうまくつきあえないなどで悩み精神的不調をきたし受診したところ、発達障害だとわかる人もいますが、発達障害と思われる人に反応し具合が悪くなり受診する人もおり、両方の人がいるのです。

発達障害の人を責めるとかそういうことではなく、事実として、職場の中で発達障害の人も発達障害の周りにいる人も、同じようにメンタルクリニックを受診してきます。発達障害に注目が集まっていますが、周りの人のつらさはあまり知られていません。メンタルクリニックを受診するに及んでは、発達障害があってもなくても、患者さんとして違いはありません。

もうひとつ、発達障害の人への対応や配慮の仕方についてですが、それらについて知ることは発達障害者を障害者雇用として採用した場合、就労支援として、また合理的配慮として重要なことです。しかし、職場で発達障害かもしれないと思ったとしても、決めつけることはできませんし、診断もできません。

また本人も、自覚がない場合もありますし、そうかもしれないと思っていたとしても、はっきりと理解することはできません。問題が発生し始めた時は、発達障害だと認めることはできず、その対応を取ることもできません。また、発達障害の人も周りの人も、同じように採用された一職員です。仕事をしていく中で、発達障害かもしれないと思っても、特別に配慮したりはできません。