舷側に近よる海豹ヒト族の
 女・男のちがひを観ては愉しむ

 

夏さえも納沙布は冷ゆストーブを
 点けしゅんしゅんと湯のたぎりをり

 

日の昇るきらめく海に歯舞の
 島々は浮かぶやうに散らばる

※本記事は、2019年9月刊行の書籍『歌集 秋津島逍遥』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。