第1部 捕獲具開発

3章 仕掛けとその効果

4 餌付け機能を備えた1匹取りの仕掛け

B 捕獲例2 クマネズミの場合

実施例2 グループホームの場合(集団脱走)

松山市内の民家を改造してグループホームとして使用しているところから、ネズミで困っているので駆除してほしいとの連絡があり、2010年2月17日捕獲具を6台用意して調査に行った。天井を走り回っているので何とかしてほしいとのことだが、部屋に糞が落ちていないので、餌目的ではなく寒くなる時期に寝床として利用する目的で侵入しているようだった。3台を2段に積み上げて6台を天井裏に設置した(写真1)。

[写真1]囲み部分がL字金具のパーツ

この項を進めるにあたっては捕獲具の構造が重要になるので、必要な部分を簡単に説明する。

プラスチックの踏み板は簡単に作って取り付けることができるが、捕獲するたびに齧られるので作り直さなければならない。そこで、厚さ0.5㎜の鉄板を用いて少し変わった細工を施した踏板を準備し、3台作った。

斜面を覆うような大きさの薄い鉄板で作った踏板に6㎝の穴を開け、幅10㎜長さ8㎝の2本の帯状の板で接続して、捕獲具の上部、端から4本目の線材に引っかけ、金属板が水平となるように取り付けた。6㎝の穴は斜面を登ったネズミが鉄板の踏板を潜り抜けるための穴だ。

奥向きに少し傾斜を付け、段差を少なくする目的で、端に紙を貼り付けた(写真2)。あと3台はプラスチックの踏み板を水平に取り付けたので、入口が閉じた時の斜面の板との間に2㎝ほどの隙間がある(写真3)。

[写真2]左にあるのが厚さ0.5㎜の鉄板で作った踏み板

[写真3]脱出する際にプラスチッック板はさほど障害にはならない

外籠を加工するに当たっては、高さ5㎝の侵入口を作るためにバネのついた片方の入口下部分を幅5㎝切り取った。これにより、バネの取り付け部分までの距離が短くなり、バネを押し上げる力が弱くなったので、押し上げて逃げられるのを防ぐために入口下部にL字金具を取り付けてある。

3日後の2月20日に点検に行くと、6台のうち3台の中のパンが減っていて、捕獲具周辺に持ち出されていた(写真4)。捕獲具の中に入ったことは間違いないが、単に持ち出されただけで多くの個体が中に入って食べたとは思えない。この箱の外にあるパンの小片がいつまでもそのままにされているとは思えないので、ネズミたちの一連の行動のうち、途中のある瞬間を観察したことになる。

箱の入口の高さは5㎝なので、1匹ずつしか入れない。つまり、中で食べずに1つずつ運んで外に持ち出した個体がいて、持ち出してすぐに食べていないことが分かる。何故パンを持ち出してすぐに食べなかったのだろう? 中で食べるか、あるいは交代で箱の中に入って食べれば良いではないか? 少なくとも、1頭のネズミが豊富な餌を独占するために行った行為ではない。実に不思議な光景であった。

2月23日の点検では、6台すべての箱に入ったようで、合計65個のパンの小片がなくなっていた。多くのネズミが出入りしていると判断して6台すべてをロックモードに切り替えた。

2月24日に回収に行くと、グループホーム内にいる人たちはネズミのことで大騒ぎであった。怖かった、寝られなかった、電話しようと思った等々、口々にどんなにひどい状況であったかを話し出す。

夕方7時頃からガタガタと音がし始め、夜中の1時頃に最もひどい音がしばらく続いたそうである。その後静かになったが、もう二度と御免だ、撤去してほしいと言われた。天井裏を確認してみて、我々も驚いた。以下がその時の観察記録である。

※本記事は、2020年6月刊行の書籍『捕獲具開発と驚くべきネズミの習性』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。