喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

第四場 中庭

内大臣ポローニアスが上手奥に姿を現す。

音楽(「美しいエルシノア)」。

二人を確認すると、陽気に歌いながら登場する。

ポローニアス: おお 美しい中庭
初夏の風そよぎ
花々は 言葉交わす
おお 美しいエルシノア
城壁は 夕陽に映え
祖国の誇り 聳(そび)え立つ
おお 美しい デンマーク
貴族たち うち揃い
人々は 相(あい)励む 
おお 美しい デンマーク
デンマーク
クローディアス: ……これは ポローニアス殿。何かありましたか? このクローディアスをお探しでしたか?
ポローニアス: は。殿下のお部屋に参りましたがお見えにならず、執事に当たらせました。
ガートルード: では、私は、これで……
ポローニアス: あ、王妃様、お待ちを。
ガートルード: 私にも、何か?
ポローニアス: は。王妃様のお部屋にも参上いたしましたがお見えにならず、女官長に当たらせました。
クローディアス/ガートルード: それで、どのような用件が……
ポローニアス: あは、あははは。国王陛下からの伝令が参り、報告を受けました。内大臣の役目として、留守を預かるクローディアス殿下ならびに王妃陛下に直ちにお伝えしなければなりません。
ガートルード: ……それで、王様からは どのような……
ポローニアス: 王様は、国境警備巡察を滞りなく終えたため、万一に備えた陣営を解き――
クローディアス: ……エルシノア城へ、ご帰還か?
ポローニアス: いえ、部隊の大半を帰還させる一方、陛下御自身は、少数の兵士を伴い、別のお城で、しばらくご静養とのこと……。
クローディアス: ……な、なに! しばらく戻らぬ?

ガートルードは、よろめくようにベンチに腰掛ける。

クローディアスは、その様子を見てポローニアスに体を寄せる。

……(小声で)別の城とは……あの女の居城(きょじょう)か? 
ポローニアス: ……まあ、そんなところかと……
ガートルード: ……ポローニアス ……王様から、何か、わたしにお言葉は?
ポローニアス: ……は、は。……特に、何も……。
クローディアス: (王妃を気遣い)……伝令からの報告漏れは、ないのか?
ポローニアス: ……(憮然として)何度も確かめて御座います。伝令もこの私も職務には忠実であります。……あは、これは失礼いたしました。ま、王様も、お疲れがとれたらすぐ戻られるでしょう。
ガートルード: ……(涙をぬぐい、笑顔を向けて)ポローニアス、ご報告、御苦労さまでした 私は、しばらくここに。気の早い月が、白く輝くのを見てほしいと、私を引き留めているの。たった一人のお友達ですから。
ポローニアス: ……はは! (クローディアスに向き直り)殿下、王様ご帰還までのご相談を。後ほど、お部屋に参上いたします。

ポローニアスに促され、クローディアスは王妃を見つめつつ上手奥へ消える。

ポローニアスは一礼し、後を追うように立ち去る。

音楽(「ああ 心の友よ」)。上舞台の明かりが変化する。

ガートルードが、ベンチから立ち上がり歌い出す。

ガートルード: ああ 気の早い月 心の友よ
群青色の空に くっきりと輪郭を結んで 
ほほ笑む顔は 白い輝きを増して
ああ 心の友よ
あなたは わたしを 照らしてくれる
やさしく わたしを 見つめてくれる
私の胸に 灯りがともる
ああ 心の友よ
わたしは あなたに すべてを話す
あなたは わたしに 希望を語るわたしの胸に 灯りがともる
ああ でも なんということ
わたしは いま 気がついた
あなたは わたし一人のものではない
この世のすべての者が あなたを仰いでいる
あなたは わたし一人のものではない
この世のすべての者が あなたを仰いでいる
皓々(こうこう)と下界を照らす月は 天空にただ一つ
この世のすべての者が あなたを仰いでいる
ああ 王様 国王陛下にして わが夫
あなたは この月を どこで眺めているの?
あなたは この月を どなたと眺めているの?
小高い丘 お城のバルコニー
そばに寄り添う 若い貴婦人
ああ 気の早い月 心の友よ
暮れなずむ空が 広がって
夜の帳(とばり)が まもなく下りる
皓々(こうこう)と下界を照らす月は 天空にただ一つ
この世のすべての者が あなたを仰いでいる
皓々(こうこう)と下界を照らす月は 天空にただ一つ
この世のすべての者が あなたを仰いでいる

音楽の終わりとともに、舞台溶暗。

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。