喜歌劇『クローディアスなのか、ガートルードなのか』

登場人物

クローディアス … 先王の弟、後にデンマーク国王
ガートルード …… デンマーク王妃、ハムレットの母
ポローニアス …… 内大臣
ハムレット ……… 先王の息子、デンマーク王子
女官長
執事
肉屋
肉屋の女房
パン屋
酒屋
酒屋の女房
大工
鍛冶屋
伝令

デンマーク・エルシノア城内および城下での出来事。

舞台の平面(平舞台)に二段重なる様式の馬蹄形三層の舞台装置。

上舞台と中舞台の両端は「廊下」となって上手・下手袖まで伸びている。

上舞台には左右対称的に二本の柱が立っている。

上舞台中央奥に、国王・王妃登退場のための階段が設置されているが、客席からは見えない。

場面設定として、テーブル・椅子・ソファなど小道具を用いる場合もあるが、原則的には何もない空間である。

第一幕

第四場 中庭

ガートルード: ……クローディアス殿。 軽やかな言の葉も、リュートの調べも戻ったよう。この中庭で過ごすひと時が、また持てますように。
クローディアス: ……義姉(あね)上、この幸せなひと時は おしまいに。今日を限りにいたします。
己の歓びに蓋をして、心の棺(ひつぎ)といたします。兄上の留守を預かる身、立場をわきまえ、慎むべきかと。
ガートルード: ……おしまいに? 今日を限り……とは、なぜなのでしょう?
王様ご出陣からの長い月日、ご帰還を待つだけの日々は、心ふさぐものでした。私は話し相手が欲しかったのです。こんな楽しい時を過ごしたのは初めて。長い時間が光のごとく過ぎ去ったのです。……この中庭でのひと時は、おしまい?
わたしの歓びにも蓋をされるのですか?
王様のお留守を預かる御身(おんみ) 、立場をわきまえ、慎むべきとは、なぜなのでしょう?
貞淑な王妃と実直な義弟(ぎてい)が語り合うひと時に、何の遠慮があるでしょう?
やましいことは何一つないのに、慎むべきことなどありません。
クローディアス: …… 義姉(あね)上、おゆるし下さい。これまでは、王と王妃、そして王の弟というだけ。
親しくお話しすることもありませんでした。しかし、この中庭のひと時が、遠い存在をあっという間に身近にいたしました。
ガートルード: ……それは、私とて同じこと。親しくお話しできて、楽しいひと時を過ごせました。
クローディアス: ……楽しいひと時、歓びのひと時を過ごすうち、気持ちが徐々に暖められ、暖まった感情は熱を帯び、このままでは、火山が抱える沸騰のように――
ガートルード: ……クローディアス殿……
クローディアス: …… 義姉(あね)上、おゆるし下さい。穏やかな親愛の情が、激しく突き上げる感情に変わらないために、おしまいにしなければなりません。中庭のひと時は、今日を限りにいたします。
ガートルード: ……クローディアス殿……

※本記事は、2019年8月刊行の書籍『雪女とオフィーリア、そしてクローディアス』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。