誘はれて瀬音を聴くや春の川
 芽吹く柳の水沫に触れむ

 

懐手解きて書物を開くらん
 水三態と絶対零度

 

今日の月頼りに注ぐ硯水
 手を休めればすずむしの鳴く

※本記事は、2016年4月刊行の書籍『ひとり歌仙』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。