露おりて濡れたる青葉すがしけれ 窓を開きて又眠るなり

 

霧晴れて柿の葉照りのつやめける 裾原にして鳴けるもずの音

 

生垣の下枝の枯葉目にたちて 夕かげ寒く庭をうつろふ

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。