みそさざい刻みこまかく飛び移る 土のなぞへに夕日うすれぬ

 

朝雪の明り乏しみ起き出でて 庭の竈に火を入れにけり

 

蒸籠せいろうより移されにけり石臼の 蒸気むしげの中にもちへり

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。