平安に 建立せしとう 阿弥陀如来 三眼もちて 我を照らしぬ

 
 

山水画の たたずまいなる 幽玄の 漓江りこうを下りて 桂林けいりんを行き

 
 

青葉背に 太鼓打ちいる 女らの 頬に光りて 汗の流るる

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。