土佐の高知の 和太鼓が 吾のこころの 線に触れたり

宮詣り 果たして志摩を 訪ぬれば 真珠育む 波静かなり

混濁の 都会を離れ 神前に おもてを伏せば 清まる思い

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。