第三子 生まれて節酒の 誓いせし 我は不惑を 三歳越えいき

 

凧上げの 糸を取り合い 地団太踏む 我が幼児は 明日へはばたけ

 

若草の 芽生えを越えて 吾が子らの 自我の芽生えの 強くなりきぬ

【愛する娘、孫たちへ】

※本記事は、2012年6月刊行の書籍『日々、燦々と』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。