【ポイント】

社会関係資本の乏しい日本では、個人と行政、職場では上司と部下などの上下関係の人付き合いが強く、隣近所の集まりや市民参加の様々な企画への参加などの対等な人付き合いが貧弱です。

社会的な孤立は、個人の不満・不安を募らせ、夫婦生活の信頼感・満足感を低下させるのです。皆様の周囲にはスポーツ・娯楽・趣味などの多種多様な集まりが豊富にあります。関心を持たないことは、夫婦間の心身の溝を深めることになります。

※本記事は、2020年1月刊行の書籍『ストップthe熟年離婚』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。