第二章

8

午後十二時。博昭は蒸気をあげる湯にそっと入った。

やけどしそうなほど熱い湯に深く身を沈め、深く息を吸って、吐く。それから体の力を抜き、湯で筋肉と意識をほぐす。いまできるのは、傷の早期回復と、思考を明晰にすることだ。

あれから三日……。博昭は自責の念に囚われていた。

浅はかだった。思慮が足りなかった。あれは罠だった。自分が情けなかった。俺はあの女のことになると理性が利かなくなる。

博昭は湯船に顔を浸した。体を洗い、髭を剃ってさっぱりした博昭は、全裸のまま鏡の前に座る。指で左胸のかさぶたに触れると、まだ多少痛みはあったが、傷はすでに塞がっていた。

幸運だった。ナイフは心臓を突き刺す手前で止まっていた。矢部恭平がナイフ使いだということは知っていた。用心のために防刃シャツを着用していたのが幸運だった。

だが、恭平のナイフは防刃シャツを貫通した。そして、博昭の体に数センチの傷を負わせた。危なかった。恭平はあきらかに心臓を狙っていた。シャツを着ていなければ骸になっていたのは博昭の方だった。

頬の傷に絆創膏を貼った。信二の打撃による右頬の黒ずみは、目立たない程度に薄まっていた。

博昭は鏡を睨みつける。骸。矢部兄弟。徹底的に潰してやる。

ナオキは一時間後にやって来た。いつものように満面の笑みで、エネルギッシュに、ドアから飛び込んでくると、まっすぐ博昭に歩み寄った。両腕で博昭を抱き締めながら、大袈裟に喜んでみせる。

「ヒロアキ。心配したぜ。もう大丈夫なのか?」

ナオキ。浜田山愚連隊のナンバー2。博昭の右腕で弟分。明るい態度とは裏腹に、性格は凶暴。巷では浜田山の闘犬と呼ばれている。博昭にしか尻尾を振らない闘犬。

「ああ」と博昭は答えたが、内心はナオキの微妙な心の揺れを感じていた。ナオキが博昭の顔をちらりと見た。博昭はナオキが抱いている不安と混乱を感じた。それは不信感を持った者特有の不安だった。

だが同時に、今、この瞬間、安心をさせてくれ、と心から願っているようだった。しかし、ナオキはそれについては何も言わなかった。その代わり、最新の芸能界の話題や、新しくできたらしいカノジョについておしゃべりをした。

博昭が見つめると、ナオキは困ったような顔をした。それからため息をつき、顔を伏せた。

※本記事は、2017年12月刊行の書籍『永遠と刹那の交差点に、君はいた。』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。