第一章

7

「おいチビ」と博昭は言った。
「あとで泣くなよ」
「工藤ー!」

信二の声のボルテージが上がった。

「てめえの相手は俺だ」と信二が言った。博昭は恭平を睨みつけながら、信二に向き直った。

「工藤。てめえを倒して俺が東京最強になってやる。喧嘩最強の称号は明日から俺のもんだ」
「吠えるだけ吠えとけ。仕方がないから相手してやる。きょうは特別だ。おのれの無力さに溺れて死ね」

博昭は皮のコートを脱ぎ捨て、戦闘態勢に入った。兄の恭平がいきり立った。

「信二。やっちまえ! おまえがノシたら、あとで俺が切り刻んでやる!」

信二がゆっくりとファイティングポーズを取った。博昭は構えない。どこかで犬が吠えた。いきなりだった。博昭の顔面に信二の左拳が繰り出された。

間一髪でパンチを避け、博昭は身を屈め、右手で地面に手をついた。そして、腕を軸に低空の体勢を保ったまま、体を回転させ蹴りを放つ。

水面蹴りが信二の膝にヒットする。倒れない。博昭はすくっと立ち上がると、今度は右のローキックを放つ。信二の脇腹にヒットする。それでも倒れない。

追い打ちの蹴りを見舞うつもりで足を引いたとき、信二が猛然とタックルをしてきた。ダンプカーに跳ねられたかのように博昭は派手に転倒した。地面に背中をしたたか打ちつけ、一瞬息が止まる。

信二が覆い被さろうとするのを、体を転がして避ける。横に転がりながら再び体を起こし、また水面蹴りを繰り出す。空振り。

間髪おかずに伸びあがるようにジャンプし、跳び膝蹴り。信二が両腕でブロックした。着地した博昭に、信二が鋭いジャブを打ってくる。

博昭はスウェーで避け、すぐさま攻撃をしかけた。信二のジャブはフェイントだった。信二は、踏み込んできた博昭の右腕をかわしながら、低い重心から滑るようにフックを繰り出してきた。重い拳が博昭のボディにめり込む。

ガハッといううめき声が、博昭の口から漏れる。恭平が歓声を上げる。博昭がふらりときたところで、信二の拳が顔面を直撃する。

鈍い音がし、博昭は思わずのけぞる。さらに追い打ちの拳が飛んできたが、ぎりぎりで攻撃をかわし、いきなり足払いを掛けた。

重心を崩した信二は、あっけなく倒れる。仰向けになった信二の顔面を、博昭は容赦なく踏みつけた。鼻骨が折れる音が響く。信二は尻餅をついた状態で、両手で鼻を押さえながら啞然と博昭を見上げている。

「工藤ー!」

恭平が怒号を上げた。博昭はすばやく半回転して恭平に向き直る。互いの視線がぶつかる。

「てめえーーー!、ぶち殺してやるーー!」

恭平はそう言うと、手にしたナイフを今日子の喉元に突きつけた。今日子が小さな悲鳴を上げる。

「こいつのツラ、メタメタにするぞ。えっー! いいのかっー!」
「俺の知ったことか。好きにしろ」

博昭は言った。今日子の口からまた悲鳴が漏れる。博昭は眼光鋭く恭平を睨みつけた。恭平の目は血走っている。

「やってみろよ、チビ。その代わりてめえのツラも二度と見られないようにしてやる」

そう言いながら博昭は足を前に踏み出そうとした。そのとき──。

背後から体を羽交い絞めにされた。信二だ。体を揺するが、ごつい腕は離れない。

「兄貴! いまだ! やっちまえ!」

背後で信二が言った。その声に恭平が動く。今日子を横に投げ捨てると、ナイフを体の前に構えた。

博昭は肘で信二の体を打った。だが腕は離れない。頭を前に倒す。反動を利用して、後頭部を信二の顔面に思いっきり叩きつける。

うっ、といううめき声が聞こえた。腕の力が緩む。前に向き直った。恭平が突進してくるのが見えた。

博昭はとっさに前蹴りを繰り出す。蹴りが恭平の腕に当たった。一気に距離を詰め、左腕で肘打ちを叩き込む。

恭平はぐらりと前のめりになったが、左手で博昭の腕をつかんできた。至近距離になる。恭平の臭い息が鼻にかかる。

博昭が追い打ちの攻撃をしかけようとしたとき、恭平がナイフを真横に振った。ナイフが頬を掠める。

血が飛んだ。恭平の右手が引かれるのが見えた。間に合わない、と博昭は思った。

ナイフが勢いよく突き出される。ドンッ。時が止まった。

「キャー!」

今日子が悲鳴を上げた。間一髪。博昭は当たる寸前で、恭平の右手をはたいていた。

だが、完全ではなかった。胸が痛んだ。白いシャツが血に染まり始める。

「兄貴! 逃げるぞ!」

信二が叫んだ。恭平は呆然としている。

「兄貴!」と信二が大声を上げた。弟の声で我に返った恭平が、脱兎のごとく駆け出す。その後を信二が追う。

車のドアが閉まる音。走り去る車のエンジン音。

博昭は手で胸を押さえ、手のひらを見た。血…。真っ赤な血。

今日子が泣いている。遠くでパトカーのサイレンの音がする。逃げないと……。

アドレナリンが全身を駆け巡る。今日子は動けない。膝が震え、立っていることも難しい。息が苦しい。大きく息を吸い込んだ。

息が止まる。何? この匂い? パパ……、パパの香り……。

今日子は目の前の男を見た。胸を押さえ、獣のような殺気を放つ男。

今日子は心の中で呟いた。あなたは誰?

※本記事は、2017年12月刊行の書籍『永遠と刹那の交差点に、君はいた。』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。