第二章

8

「渋谷はどうなってる?」と博昭は言った。ナオキは首を振った。

「おい」と博昭は口調を強めた。ナオキが博昭の顔を見た。目が怯えている。

「あっちこっちで噂になってる」
「どんな?」
「サイコ兄弟にやられたって」
「なんだと?」
「怖いから出てこれねえんだって」

博昭はナオキの胸倉をつかんだ。

「てめえはそれを信じるのか」
「信じるわけねぇだろ。でも、渋谷はその噂でもちきりなんだよ。ヒロアキ。戻ってきてくれよ。このままじゃ骸に潰されちまうよ」

博昭は胸倉をつかんだまま顔を寄せた。

「俺ばっかりに頼るんじゃねえ。てめえはどうなんだ」
「やるよ。だけど、向こうは矢部兄弟だけでなくて、福田まで出てきたぜ」

福田誠。骸の頭。凶暴さでは矢部兄を上回る。弟をやられてから更に残忍になった。

「このままじゃうちはバラバラになっちまう。みんなおまえを待ってるんだよ」
「福田を探せ」
「あいつすげえ警戒してるから難しいんだよ。神出鬼没でさ。なあヒロアキ。頼むよ。戻ってきてくれよ」

博昭は少し考えてから、胸倉の手を放した。そしてデスクから札束を取り出す。風間から預かった金。無造作に札束をつかみ、ナオキに投げ捨てる。

「これでトーシローを雇え。見つけ次第、俺に連絡をしろ。いいか。俺が到着するまで絶対に手を出すな」
「じゃあ、やるのか?」
「てめえ、誰に口聞いてんだ。とっとと行きやがれ!」
「ほんとにやるんだろうな。おまえはころころ気分が変わるから俺だって大変─」

最後まで言わせなかった。腹部に蹴りをくらったナオキはその場に崩れ落ちた。

博昭はしゃがみ込んでナオキの顎をつかんだ。手のひらでナオキの頬を思いっきり張った。乾いた音が室内に響く。

「てめえ、なめてんのか」

声を押し殺して博昭は言った。

「す、すまん」

ナオキは頭を下げた。かまわずもう一発張る。ナオキの頬が真っ赤になった。

「とっとと行け」と博昭は言った。何か言いたそうに、ナオキが上目遣いで博昭を見る。

「ヒロアキ。おまえ女が─」

今度は頭突きを入れた。鈍い音がした。ううっー、と唸りながらナオキがうずくまった。

博昭はナオキの耳元に口を近づけた。そして、愛を囁くような声で言った。

「殺すぞ、てめえ」

ナオキは札束を握りしめ、逃げるようにして部屋を出ていった。

頭をまず潰す。それから矢部兄弟。福田。今のうち楽しんどけ。骸のリーダーは当然、全員モノホンの骸にしてやる。

博昭は声に出して呟いた。

※本記事は、2017年12月刊行の書籍『永遠と刹那の交差点に、君はいた。』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。