定めなき人の命と説く僧の 言葉うべなふ病みつつあれば

 
 

妹のみ魂送りし帰るさに 螢とらへて又放ちたり

 
 

遠山を覆ひてたむろする雲の 影の暗きは嵐かこもる

※本記事は、2021年5月刊行の書籍『短歌集 蒼龍の如く』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。