我は好く友に似合いの喜びと 嬉しい笑顔幸福の涙

微熱出て医師に出された薬飲む 寂しいひだに入る風邪哉

風邪だけど服薬毎に思い増す 切り離せない二人の友誼

※本記事は、2012年12月刊行の書籍『歌集 星あかり』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。