「たしかにあんなのは、ケンカじゃねーよな」

クラスの男子たちが、口ぐちに言いはじめました。

「うん。ただのじゃれ合いだよ」

みんながニヤニヤわらいはじめたので、オニガワラ先生も、少し目じりをさげました。

「それにしてもおまえたち、ほっぺがトマトみたいになってるぞ?」

オニガワラ先生は、ヒロユキとムッチーのあたまを、ポンポンたたきました。

「四人とも、あせびっしょりじゃないか。さっさと、かおをあらってきなさい」

ろうかの水道で、ならんでかおをあらいながら、ヒロユキがつぶやきました。

「ぼく、あだ名をつけられたの、生まれてはじめて」

「それ、ユキチのことか?」

ムッチーは、おそるおそるたずねました。

「おまえがいやなら、もう言わない」

レオが、きっぱり言いました。

「いやぼく、ふくざわゆきち、すごくそんけいしてるんだ」

ヒロユキは、ポケットからめがねをとり出し、みんなにむかってかけてみせました。

「このめがね、すごくいい! なんだか、ふくざわゆきちになった気分…」

ヤマトは、ふとくびをかしげました。

「あれ? ふくざわゆきちって、めがねかけてたっけ?」

「かけてるに、きまってるだろ? 一万円さつ、見たことないのかよ」

レオが、いばって言いました。

「いや、かけてないよ」

こんどは、ムッチーが言いかえしました。

「かけてるって!」

「かけてないよ! レオの一万円さつは、きっとニセさつだよ」

ヤマトとヒロユキが、プッとふき出しました。

「こら、こら! いつまでさわいでいるんだい?」

ろうかのまどから、おそろしいオニガワラが、ぬっとあらわれました。

四人はあわてて、せきにつきました。

※本記事は、2020年10月刊行の書籍『ソウル・テール だれも知らない、オレたちのじゅもん』(幻冬舎ルネッサンス新社)より一部を抜粋し、再編集したものです。